メインコンテンツへスキップ

ワクチンについて

ワクチンの概要・効果、供給されるワクチン、接種状況などについての情報

新型コロナワクチンの特徴

新型コロナワクチンには、重症化を防いだり、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を防ぐ効果があります。接種を受けていただくことで、重症者や死亡者が減ることが期待されています。
一方で、接種後の副反応として、接種部位の痛み、頭痛・倦怠感、筋肉痛などが報告されているほか、ごくまれに、接種後のアナフィラキシー(急性のアレルギー)が報告されています。
新型コロナワクチンの薬事承認にあたって、有効性や安全性を、臨床試験や科学的知見に基づいて確認しています。

接種できるワクチン

ファイザー社(12歳以上用)
ワクチン名:コミナティ
ワクチンタイプ:mRNAワクチン
薬事承認:2021年2月14日
初回接種の回数:2回  1回目・2回目の標準的な接種間隔:21日間隔  対象:12歳以上
追加接種の回数:1回  対象:12歳以上
追加接種の回数:2回  対象:60歳以上及び18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方、その他重症化リスクが高いと医師が認める方、医療従事者等及び高齢者施設等の従事者の方
ワクチンについての詳細はこちら別ウィンドウで開く
モデルナ社
ワクチン名:スパイクバックス
ワクチンタイプ:mRNAワクチン
薬事承認:2021年5月21日
初回接種の回数:2回  1回目・2回目の標準的な接種間隔:28日間隔  対象:12歳以上
追加接種の回数:1回  対象:18歳以上
追加接種の回数:2回  対象:60歳以上及び18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方、その他重症化リスクが高いと医師が認める方、医療従事者等及び高齢者施設等の従事者の方
ワクチンについての詳細はこちら別ウィンドウで開く
アストラゼネカ社
ワクチン名:バキスゼブリア
ワクチンタイプ:ウイルスベクターワクチン
薬事承認:2021年5月21日
初回接種の回数:2回  1回目・2回目の標準的な接種間隔:4~12週間隔(最大の効果を得るためには8週間以上)
対象:原則40歳以上(必要がある場合は18~39歳も可)
ワクチンについての詳細はこちら別ウィンドウで開く
ファイザー社(5~11歳用)
ワクチン名:コミナティ 5~11歳用
ワクチンタイプ:mRNAワクチン
薬事承認:2022年1月21日
接種回数:2回  標準的な接種間隔:21日間隔  対象:5~11歳
ワクチンについての詳細はこちら別ウィンドウで開く
武田社(ノババックス)
ワクチン名:ヌバキソビッド
ワクチンタイプ:組換えタンパクワクチン
薬事承認:2022年4月19日
初回接種の回数:2回  1回目・2回目の標準的な接種間隔:21日間隔  対象:12歳以上
追加接種の回数:1回  対象:18歳以上
ワクチンについての詳細はこちら別ウィンドウで開く

国内の接種状況

こちら別ウィンドウで開くをご覧ください。

新型コロナワクチン Q&Aサイト

新型コロナワクチンの効果、安全性、自分が受けられるかなど、皆さまから寄せられた質問にお答えしています。