メインコンテンツへいどう

ワクチンについて

ワクチンの説明(せつめい)・ワクチンが効(き)くかどうかなどについての情報(じょうほう)

しんがたコロナワクチンのとくちょう

新型(しんがた)コロナワクチンには、新型(しんがた)コロナウイルスによる病気(びょうき)の症状(しょうじょう)が重(おも)くなることを防(ふせ)いだり、発熱(はつねつ)やせきなどの症状(しょうじょう)がでることを防(ふせ)ぐ効果(こうか)があります。ワクチンを打(う)ってもらうことで、重症者(じゅうしょうしゃ)や死亡者(しぼうしゃ)が減(へ)ることが期待(きたい)されています。
一方(いっぽう)で、ワクチンを打(う)ってもらったことによる悪(わる)い影響(えいきょう)(副反応(ふくはんのう))は次(つぎ)のようなものです。
注射(ちゅうしゃ)をしたところがいたくなる、頭(あたま)がいたくなる、関節(かんせつ)や筋肉(きんにく)がいたくなる、つかれる、寒(さむ)いと感(かん)じる、熱(ねつ)がでるなどです。とても少(すく)ないですが、とてもひどい副反応(ふくはんのう)にショックやアナフィラキシーがあります。
新型(しんがた)コロナワクチンの薬事承認(やくじしょうにん)にあたって、有効性(ゆうこうせい)や安全性(あんぜんせい)を、臨床試験(りんしょうしけん)や科学的知見(かがくてきちけん)に基(もと)づいて確認(かくにん)しています。

うってもらうことができるワクチン

今(いま)、日本(にほん)で初回(しょかい)接種(せっしゅ)(1回目(かいめ)・2回目(かいめ)接種(せっしゅ))で打(う)ってもらうことができるワクチンは、ファイザー社(しゃ)、たけだ/モデルナ社(しゃ)とアストラゼネカ社(しゃ)のワクチンです。
追加接種(ついかせっしゅ)(3回目(かいめ)接種(せっしゅ))できるワクチンは、ファイザー社(しゃ)とたけだ/モデルナ社(しゃ)のワクチンです。

ファイザー
ワクチン名(めい):コミナティ
ワクチンタイプ:mRNAワクチン
薬事承認(やくじしょうにん):2021年(ねん)2月(がつ)14日(にち)
ワクチンを打(う)つ初回(しょかい)の回数(かいすう):2回(かい)  1回目(かいめ)・2回目(かいめ)のワクチンを打(う)つ間(あいだ)の期間(きかん):21日(にち)間隔(かんかく)
ワクチンを打(う)つ追加(ついか)の回数(かいすう):1回(かい)  追加接種(ついかせっしゅ)のワクチンを打(う)つ間(あいだ)の期間(きかん):原則(げんそく)8か月(げつ)以上(いじょう)
ワクチンについてのくわしい情報(じょうほう)はこちらべつがめんでひらく
たけだ/モデルナ社(しゃ)
ワクチン名(めい):スパイクバックス
ワクチンタイプ:mRNAワクチン
薬事承認(やくじしょうにん):2021年(ねん)5月(がつ)21日(にち)
ワクチンを打(う)つ初回(しょかい)の回数(かいすう):2回(かい)  1回目(かいめ)・2回目(かいめ)のワクチンを打(う)つ間(あいだ)の期間(きかん):28日(にち)間隔(かんかく)
ワクチンを打(う)つ追加(ついか)の回数(かいすう):1回(かい)  追加接種(ついかせっしゅ)のワクチンを打(う)つ間(あいだ)の期間(きかん):原則(げんそく)8か月(げつ)以上(いじょう)
ワクチンについてのくわしい情報(じょうほう)はこちらべつがめんでひらく
アストラゼネカ社(しゃ)
ワクチン名(めい):バキスゼブリア
ワクチンタイプ:ウイルスベクターワクチン
薬事承認(やくじしょうにん):2021年(ねん)5月(がつ)21日(にち)
ワクチンを打(う)つ初回(しょかい)の回数(かいすう):2回(かい)  1回目(かいめ)・2回目(かいめ)のワクチンを打(う)つ間(あいだ)の期間(きかん):4~12週(しゅう)間隔(かんかく)(最大(さいだい)の効果(こうか)を得(え)るためには8週間(しゅうかん)以上(いじょう))
ワクチンについてのくわしい情報(じょうほう)はこちらべつがめんでひらく

こくないのせっしゅじょうきょう

こちらべつがめんでひらくをごらんください。

しんがたコロナワクチン Q&Aサイト

新型(しんがた)コロナワクチンの効果(こうか)、安全性(あんぜんせい)、自分(じぶん)が受(う)けられるかなど、皆(みな)さまから寄(よ)せられた質問(しつもん)にお答(こた)えしています。